読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錄.

今日はたまに、の精神科の日だった

朝8:00手前に起きて彼女を見送り二度寝した

雪が降っていた 多く

早めに家を出て11:00頃クリニックについた

かなり待ち時間があるとのことだったので頼まれていた買い物と、自分の買い物をした

診察は長めだった様な気がする 頓服薬の処方があった

雪の中を歩き、電車で一駅でまた歩き、帰宅

帰宅後は主にボーッとしていた 

彼女と連絡を取ったり、明日の仕事の昼食を作ったり、本日の昼食を摂ったりした

夕方、おつかいを受けたので家を出てきっちり頼まれたものを購入し受け渡した

彼女と少し会話しながら煙草を吸って、

ファミリーレストランへ移動した

購入した手帳に仕事の予定や彼女の仕事の予定、少し書き込みをした

時間が経つにつれて雑踏が生まれ食器同士が当たる音がよく聞こえる

 

もう少ししたらここを出て駅に向かう

 

昨日は仕事帰りにケーキ屋に寄った

勤労感謝の日なので少しご褒美があればいいなと思った

ケーキ屋を出た後に、ケーキ屋での買い物は他のどの買い物よりも綺麗な心で買い物ができるなと思った

それは想う人がいるからであって、想う人がいるということは幸せなことだなとも思った

 

久しぶりの一人の休みは頭がぼんやりして、

何をどうすればいいのか、難しかった

明日からまた仕事なので引き締めなければと思うことと、

微かな焦りがある

何も焦ることはないし普通にしていればいいんだけど。

 

本日雪が降ったことはとても意外で、好きなはずの雪が調子を狂わす要因だった気がする

 

腹が減ったな