読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水も滴るいい袋
絞め金でゆっくりと絞められる脳
黒ひげ危機一発のように遊ばれている心臓だ
痛み止めを粉々にして水で流し込む
美味しいコーヒーを2つ。あなたと私へ
「蝸牛」というタイトルの大好きな歌
バンドであることが一番だと思わせるような歌
いくらBcc:に入れたって見透かされてしまう心の底
生き物を愛でる君が好きだよ。
いつもと同じ夜をいつもと違う服で走る60km/h
音楽を好きでよかったと思う瞬間がある
音楽を好きでいなければよかったと思う日がある
気持ちいいフィルインを滑らかに叩けた17才
何万本もの光の線が頭の中を駆け巡る
"目的が違うご乗車はおやめください"
ヒトと同じ生活を送る駅構内ハト後悔
尽く見破られるお土産の中身
大きい音で聴くと判るリフがあるように、大きい声で聴くと解る大切な話もある
軒先に撒かれる打ち水の様な雨に残暑の終わりを見た
ポケットに手を入れるのが癖。
髪を掻き分けるのが癖。
LEDと鉄骨のシンメトリー/不自然な窓と障がい者を譲る心
15cmの隙間が埋めるアノ世とコノ世の空白
人生のBPMは200→100→140→180→150→100→200
丁寧な時間を過ごす、穏やかな水中を泳ぐ
豊かな心と少しの静寂と強かな勇気
鈍い音の変拍子と共に55km/h