ある日突然うしなったもの

を、かき集めるように歌謡を聴く

12月

今年も走馬灯のごとく終わろうとしている

年を明けると歳が増えてしまう

27clubなんて唱えてみても淡々と年は暮れていく

昔の親友と連絡が取れた

時間が巻き戻ったように静かな夜で、電話をした

何も変わってないようで、色んなことが変わった

お互いに

時間はとても残酷に見えて、実はそうでもないかもしれない

いつか顔を合わせる約束をした

笑っちゃうね。

 

 

 

来年、僕は結婚する

10年前の自分、5年前の自分

想像つくかい、君はとても素晴らしい人と共に暮らしているよ

大きい病気もせずに

あまり金はないが それでも幸せに生きている

幸せを捨てきれなかったね

幸せになる資格がないだなんて、思う必要はまったくないんだよ

 

今その素晴らしい人は目の前で花を飾っている

庭の紅葉は綺麗な色になっている

雨に打たれても意外と強そうです

 

思い出したように詩を読んで、どうしようもないくらい影響を受けたザマを見てくれ

これが僕なわけなんだけど

健やかに生きていきたいね

諦めないで居続けようと思うよ

 

広告を非表示にする