結露/静寂

思われる、思うというのは何よりも重く、切なるものだけど 質量がなく暖かく包み込んでくる。 形容しがたい 金銭や社会的立場などすべてどうでもよくなる 愛という 愛という無形財産、何よりも大事(おおごと)で、代え難いもの 昨夜は夢のようにぐしゃぐしゃ…

いらない歯を抜いた 屋根の上に投げた 庭に小さい水辺ができた 貯金が完了した 頭痛が吐き気に繋がる お肉とラーメンが食べたい 今日はゼリーしか飲んでない 今日は流すようにサラサラと仕事をしていたらあっという間に終わった 毎日こうであってほしい お腹…

最近は恋人の誕生日だった 誕生日デートと称し横浜へ出かけた ぼくが発作を起こして崩れかけた 楽しんでもらえたのかどうなのか 夜桜や商業施設が綺麗だった 恋人の誕生日だというのに、ゴミ袋のような服を好んで買った とても気に入っており、恋人も褒めて…

ストローク

雑踏に溺れてもうダメかもしれないと感じる17:00前後が職場で毎日続いていてそれでも次から次へとこなしていかなければならなくて意識はそこに何もなくてなんとなく何も考えることができないまま時間を潰している声を出していても意識がないので文章の組み立…

ほうじ茶烏龍茶、缶コーヒー煙草

最近、仕事に関してものすごい疲れと緊張と、ストレスを感じる あと、これはこの導きで間違いはなかっただろうか、誰も嫌な思いはしないのだろうか、不安と恐怖が少しある 毎日ただ座ってパソコンに向かうだけなのになんでここまで疲れを感じるのか不思議だ …

タイトルはこちらへ

いつもよりも遥かに遅い時間に仕事へ向かう電車を待っている 恋人の元気がないことがどうしようもなく心配で、あれこれと言葉をかけたりする そのもやもやだったり、気持ちの重みを洗剤のコマーシャルよりも、跡形もなく綺麗にしたいという思いが強くある 実…

しあわ世の唄

恋人をおもい帰り道 ビブラフォンの音が規則的に響いている 暗闇の中を真昼間のような電気式の塊が苦労を乗せて走り回る よろよろとお爺さんは暗闇を見つめて 僕はといえば、呼吸を押し殺しまるで水中にいるようだよ 今日はとても頑張ったね、偉大に頑張った…

リフレイン

「あ、この感覚あれだ」 この、あれ というところに今の知らない単語が入るんだけど、そういう時は調べてみると大体適した単語だったりして、不思議 前髪が伸びて視界を邪魔している 歩きながらこれを書いているが複数の足音がバイノーラルに聴こえる ここに…

ある日突然うしなったもの を、かき集めるように歌謡を聴く 12月 今年も走馬灯のごとく終わろうとしている 年を明けると歳が増えてしまう 27clubなんて唱えてみても淡々と年は暮れていく 昔の親友と連絡が取れた 時間が巻き戻ったように静かな夜で、電話をし…

支度として

毎月公共料金の支払いを整理しているとクリープハイプのオレンジという歌を思い出す 一部では馬鹿にされるようなこともあるけど大好きなんだよね ふと机の上を見て、天気が悪くて部屋干ししたワイシャツや下着を見て、生活しているんだなーと実感した 寝てい…

夕舟

最近は、精神的に体調が悪くなることが多かったり、それでも楽しく暮らしていたらしています。 彼女には迷惑も心配もかけっぱなしで、ごめんねと思うけど、いつか大きく気持ちを返したいと思っています。 毎日励ましてくれたり、楽しませてくれたり。 ありが…

G.W.、本当に楽しんだ その後の4連勤また3連休。こちらも楽しかった 今はその連休最後、部屋で野球の実況ラジオを聴いていて、良い休みだなと思う。おまけに風呂上がり。 いろんな楽しいことやつらいことが鎖のような形をしてやって来るんだけど、うまく一つ…

たらく

花見をしたりコーヒーを飲んだりする 先日公園をはしごして花見をした とても楽しかった 野鳥とも触れ合えたし、恋人と二人でたくさん話したり笑ったりした 毎日のんびり過ごしたいけどそうもいかず。 すし詰めの電車に詰められてクタクタになることも必要な…

今日は仕事がスイスイと進んだ けど、精神的にはすこし苦しかった 朝、とても久しぶりに恋人と一緒に家を出て最寄り駅まで歩いた 急がせてしまって疲れさせてしまった。 ごめんなさい。 今日は楽しい音楽をひたすら聴いて出勤し、昼休みもそう過ごした 普段…

彼女と僕の趣味であるDJを一緒にやった B2Bと言われる形でお互い好きな曲を繋ぎあって2時間半ほど遊んでいた 5月に友達の誕生日イベントがあって、二人で出演するので練習も兼ねている その日のテーマはもう決まっていて、お互い曲を選び始めているところ。 …

最近更新をしていなかった 悲しませてしまったり笑いあったりの毎日を過ごしています お風呂によく浸かるようになりました 最近は止め処なく溢れる妄想(病的)と自律神経の乱れを抱えつつも仕事を頑張っています(そう思いたい!) 美味しいものを食べたり楽し…

365日どんな時も、何があっても彼女と二人で過ごしてきた この一年、楽しいことがたくさんあった 仕事がつらいことなんてざらにあったし、彼女を困らせることも悲しませることもたくさんあった でもたくさん笑ったし楽しかったよ いい一年だった、去年よりも…

しとしととおとがふる ひたひたとひとがあるく ひとのようでひとでないひとでなしのひとびと かげのないかげがかえがたいいのちをおとしていく さかなととかげとひびのあわ あわまくあわれなとかいのいえなきもの ひかりがひかるときひかれてひかりになる み…

(_____)

引き込まないで 虹色の中に 光が粒になるその中に 溶け込まないで 東京の中に 人が物になるその中に 文字の変化で心の着色 暗い色はいくらでも使えてしまう 大きいバケツを用意して 冬のベランダで凍らせてしまう 追いかけられ続ける虫の様に 出そうで出ない…

錄.

今日はたまに、の精神科の日だった 朝8:00手前に起きて彼女を見送り二度寝した 雪が降っていた 多く 早めに家を出て11:00頃クリニックについた かなり待ち時間があるとのことだったので頼まれていた買い物と、自分の買い物をした 診察は長めだった様な気がす…

現(うつつ)

自分の自己管理のできてなさに呆れる 呆れるのにできない したいのにできない 僕の悪は全て自己愛が取り巻いてると思うけど どうしても今日はダメだ なんとなくうまくいっているような感覚だけど 一人きりで取り残されているような気になったりできているよ…

とても寒い 氷の板を四方より八方より押し付けられている様だ 指の間を抜ける風は、確かに指がきっちり揃っていることを確認させてくれる パンクジャズを聴いて俯いている 鼻水が出ているのかどうかわからない 感覚が失われていく 秋を寝かしたまま冬は突然…

銀の塀に吸い込まれる 目を離そうとすることができない リムショットでサビを奏でられてしまった 彼女を想い、温かいうどんを思う 電球を回す動作こそが人間らしさと言えるのではないだろうか 音楽を聴いている実感がある 風が冷たく刺さり続けている 乱暴に…

日録

珍しく5連勤明日で真ん中 美味しいご飯をたくさん食べられたり、 羽毛布団で温めたり、 穏やかな町を散歩したり、 充実していて幸せだなと感じることが多い 仕事はつらいけどなんとかなってる 今は埼玉のある駅のホームでこれを書いている 寒い。とても寒い…

そよ風を受け続けて頭痛を感じるね 大きい鳥は怖いな、大きいから 椅子が一人で踊って、いつか崩れた 刀の音で客が切られる、刀の音で 新しい服の匂いが好きだな 新しいものはどんどん古くなって行くね 物も感覚も古くなるのは怖いことだな レモンを齧って走…

◻︎

儚さで溶ける花弁の様に切なさで壊れる心の様に愛しさで剥がれる仮面の様に疎ましさで焼ける皮膚の様に温かさで痺れる睫毛の様に賢さで崩れる思考の様に秋は忍び足で近づいて皆の心を冷たくさせる皆の涙を温かくさせる皆の足を早くさせる冬は気づけば隣町草…

日録

衣替えとまではいかないけどとても寒いのでジーンズとさっぱりしたニットを出した当然のことながら埃みたいなもので。アレル気味なので窓の外でバフバフやった今日はこれを着るぞジーンズはちょうど良さを極めている感じでもう少し余裕がほしい今日は連休最…

水も滴るいい袋絞め金でゆっくりと絞められる脳黒ひげ危機一発のように遊ばれている心臓だ痛み止めを粉々にして水で流し込む美味しいコーヒーを2つ。あなたと私へ「蝸牛」というタイトルの大好きな歌バンドであることが一番だと思わせるような歌いくらBcc:に…

東京を見透かした言葉をメロディに乗せた歌頭が痛くて前髪のカーテンを下ろしているサラリーマンは私の腕を見て席を去った湿ったフリをして乾いた風が放射能のような悲痛を与えて下さる罵声と嘲笑に笑顔で答えて1日が終わるあゝようやっと終着駅。

時と場合によって消えたり増えたり人工空調により、揺れるプラスティック雨が降れば穏やかに笑う歌がある頭上から降り注ぐ雨と共に現れた黒い傘リバーブのかかったスネアが跳ねる、白い粉私や人々に構わず勝手に平常を保とうと進んだり止まったり始発から終…